12月3日、北大病院にて皮膚科受診

こんばんは、尋常性天疱瘡という難病で通院治療中の酒井隆行です。

昨日12月3日は2週間に一回の皮膚科受診の日でした。

8fadf074-f42e-4ebd-a19a-3b71fb1795dc

札幌医大病院から北海道大学病院に移り早くも5ヶ月になりました。また、私の病気の数値を表す「デスモグレイン3」も最小で3.5まで下がりましたが、最新の検査結果では1000を超える数値となっていました。(因みにこれまでの最高値は850でした)病状としては、喉の痛みと口腔内の傷が目立っていて、堅いものは好んでは食べてない状況です。

今後の治療についても説明があり経過を見ていくとのことでした。

そして、次の受診日は2週間後の12月17日です。

今回の治療では3週間後から徐々に効果があるようなので、今後に期待をしています。

やりたいと思うことに挑戦する

こんばんは、尋常性天疱瘡という難病で通院治療中の酒井隆行です。

私が昨年5ヶ月の入院をしていた時、病院内のコンビニでのA5サイズのノートを買って、退院したらやりたいことや、叶えたい夢を沢山書きました。

退院してすぐに出来る事の大半はやりました。そして、そのノートにはほぼ毎日新しい言葉を書き足しています。

天疱瘡の数値(デスモグレイン3)の数値は高いものの、今の所日常生活が出来ている事はとてもありがたい事です。

これまでもブログやSNSで発信してきましたが、一度きりの人生、自分のやりたいと思った事をやる。

いつまでも健康でいられるように、日頃から注意して生活するのは勿論ですが、私のようにいつ病気になるのかは誰にもわかりません。

健康な時だからこそ、そして、病気になったとしても、日常生活を送れているこの瞬間を大切にして、自分がやりたいと思った事をとことんやってみる。

やってみてダメならやめればいい。

一番良く無いのは、やりたいと思う事を先送りする事です。

「いつか」では無く、今この瞬間に「挑戦」していきましょう。