「ハートプラス」マーク

「内部障害・内臓疾患」というハンディがこの国では
まだ充分に認識されていません。
 内臓に障害があっても、外観からは判らないため 
“自宅で”“電車の中で”“学校で”“職で” “スーパーで” 
「辛い、しんどい」と声に出せず我慢している人がいます。
 一般社会にそんな人々の存在を視覚的に示し、
理解の第一歩とするため、このマークは生まれました。
公共スペースにマークの表示を求め、
その存在を示す活動は病名、症状、障害団体の枠を超えて広がっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中