普通がどれだけ幸せなことか!

こんばんは、尋常性天疱瘡で治療中の
酒井たかゆきです。

今年6月4日から11月3日まで5ヶ月間、
尋常性天疱瘡の治療で入院をしていたのは
これまでのブログでも書いていたとおりです。

僕が尋常性天疱瘡という難病ということを
聞いたのは、入院して2週間後のことでした。

その時の僕の気持ちは、
「難病?」「え?」「どうして?」。
難病ってなに?という感じで、
すぐには現実を受け入れることは出来ませんでした。

健康な時は感じませんでしたが、
普通に食べたり、飲んだり。
走ったり、ジャンプしたり。

これまで44年間の普通がどれだけ幸せなことかが、
切ないくらい身に染みて実感しました。

でも、どれだけ泣いても
もう元の身体には戻りません。

前を向いて生きていくしかない。

もし、同じように悩み苦しんでいる人がいたら
そのつらい日々から抜け出してほしい。

そんな思いでメルマガを書いています。
「これが俺の人生だ!」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中