プレドニン内服の注意点

プレドニンは一種の合成されたステロイドホルモンで、免疫異常を抑え、炎症やアレルギーを緩和するお薬です。

よく効くお薬ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。

この薬を飲んでいる間とその後は、薬を急に減量・中止したりすると、身体がはんのうできずに、ステロイドホルモンがたいないに不足し、とても危険な状態に陥ることがあります。よって、自分の判断で薬を増やしたり減らしたりするのは、治療の効果を下げるばかりでなく、とても危ないことなのです。

体の状態に適した量を医師が指示しますので、必ず守って服用してください。

僕も最高60mgを内服していましたが、夜は寝れないことが多く、睡眠導入剤をのでました。それでも、あまり熟睡は出来ませんでした。また、ムーンフェイスや血糖値が高くなるなどの症状もありました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中